週明けは重要イベントが集中 市場が警戒する“暴落”危険日

公開日:

 来週21日(月曜日)を乗り切れるか――。株式市場は警戒を強めている。

「この日から31日まで米韓合同軍事演習が行われます。北朝鮮は何を仕掛けてくるか分からない。マーケットの緊張はイヤでも高まります」(市場関係者)

 相場は神経質な動きを続けている。北朝鮮リスクの高まりで、日経平均は下落傾向がクッキリしてきた。先週8日からは4日続落し、下げ幅が500円を超えた。

「14日の値動きは深刻でした。内閣府が朝方発表した4~6月期のGDPは前期比で年率4%増と、約11年ぶりに6期連続のプラス成長を記録したのです。ところが株式市場は全く反応せず、地政学リスクに目を奪われ、日経平均は下げ続けた。今の市場は好材料を無視し、悪材料に敏感です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 こうなると21日を乗り切っても、市場の好転は望み薄だ。むしろ悪材料がテンコ盛りなだけに、下げが加速しかねない。25日は北朝鮮の「先軍節」(軍事優先を定めた日)でミサイル発射が懸念される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る