• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4日間で2.5倍も 電磁パルス攻撃対策で“新戦争銘柄”大爆発

 “新・戦争銘柄”が兜町を騒がしている。特殊土木工事の技研興業と、徳島県に本社を置く阿波製紙が代表格だ。

「両社とも軍事衝突とは直接関係ありませんが、北朝鮮メディアが6回目の核実験後に報じた電磁パルス(EMP)攻撃の対策関連として物色されました。電磁パルス攻撃は突如浮上したので、これまでほぼノーマーク。それだけに関連株は凄まじい急騰ぶりです」(市場関係者)

 技研興業は、電磁波の影響を試験する電波暗室などを販売。医療機関向けに電磁波シールド工事も行っている。株価は先週末の1日には190円(終値)に過ぎなかったが、今週7日には478円まで急騰した。わずか4日間で2.5倍にハネ上がったのだ。電磁波シールドシートを手掛ける阿波製紙は50%近く上昇した。

 そのほか電磁波シールド関連のオリジン電気やFDK、岡谷電機、タツタ電線などは、相場全体が沈むなか、逆行高を演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事