• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若松・齊藤俊一社長<1>100年ぶりによみがえった都心の酒蔵

若松の齊藤俊一社長(C)日刊ゲンダイ

 2016年、東京・芝に「江戸開城」という清酒が誕生した。酒蔵の名は「東京港醸造」。100年ぶりの復活を目指して奔走したのは、若松屋(若松の前身)の7代目に当たる齊藤俊一だ。

 幕末の頃、芝で造り酒屋を営んでいた若松屋は、薩摩藩の御用商人だった。若松…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事