市場原理を失わせる 日銀が大株主30社の“親方日の丸”効果

公開日:

 日銀の存在感が株式市場で異様に高まっている。

 東証の統計によると、外国人投資家は今年1~3月に8.7兆円(先物含む)を売り越した。売買代金の約7割を占める海外勢がこれだけ「売った」のに、日経平均は年初から3月末まで2000円程度しか下落しなかった。

「外国人が大量に売却する一方、日銀が爆買いしたのです。3月だけで日銀はETF(上場投資信託)を過去最大規模となる8333億円も買っています。市場原理の働かない歪んだ市場といえます」(市場関係者)

 日銀は「買う」だけで、現状では「売り」注文を出さない。保有株は増加するばかりなのだ。

 ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジストの井出真吾氏は先週、「日銀の出口戦略に関する考察」を発表。そこには驚愕の数値が並んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る