市場原理を失わせる 日銀が大株主30社の“親方日の丸”効果

公開日:

 日銀の存在感が株式市場で異様に高まっている。

 東証の統計によると、外国人投資家は今年1~3月に8.7兆円(先物含む)を売り越した。売買代金の約7割を占める海外勢がこれだけ「売った」のに、日経平均は年初から3月末まで2000円程度しか下落しなかった。

「外国人が大量に売却する一方、日銀が爆買いしたのです。3月だけで日銀はETF(上場投資信託)を過去最大規模となる8333億円も買っています。市場原理の働かない歪んだ市場といえます」(市場関係者)

 日銀は「買う」だけで、現状では「売り」注文を出さない。保有株は増加するばかりなのだ。

 ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジストの井出真吾氏は先週、「日銀の出口戦略に関する考察」を発表。そこには驚愕の数値が並んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る