「殺すぞ」暴言の前西宮市長は退職金2700万円で悠々自適

公開日:

 年始のあいさつで、自宅に取材に訪れた新聞記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、辞職した兵庫県西宮市の今村岳司・前市長(45)。4月15日に行われた市長選は6人が立候補する乱戦となったが、元衆院議員の石井登志郎氏(46)が108票の僅差で制した。

 石井は「市長退職金廃止」という大胆な公約を掲げて当選したが、「念頭には今村さんの最低の“引き際”があったのです」と、市議会関係者がこう続ける。

「今村さんの任期は5月までで、『任期まで辞めるつもりはない』と言い張っていましたが、市議会が退職金3割カットの条例案を提出する構えを示すと、会見もせずに、2月20日付でサッサと辞職したのです。もちろん市民はカンカン。市役所には『退職金を受け取る資格はない』といった抗議の電話やメールが殺到しました」

 市長の退職金は4年の満額で2830万円。任期まで働いて3割減額されると1981万円だが、2月20日で辞めてしまえば2718万円。ナント737万円も“お得”というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る