「殺すぞ」暴言の前西宮市長は退職金2700万円で悠々自適

公開日: 更新日:

 年始のあいさつで、自宅に取材に訪れた新聞記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、辞職した兵庫県西宮市の今村岳司・前市長(45)。4月15日に行われた市長選は6人が立候補する乱戦となったが、元衆院議員の石井登志郎氏(46)が108票の僅差で制した。

 石井は「市長退職金廃止」という大胆な公約を掲げて当選したが、「念頭には今村さんの最低の“引き際”があったのです」と、市議会関係者がこう続ける。

「今村さんの任期は5月までで、『任期まで辞めるつもりはない』と言い張っていましたが、市議会が退職金3割カットの条例案を提出する構えを示すと、会見もせずに、2月20日付でサッサと辞職したのです。もちろん市民はカンカン。市役所には『退職金を受け取る資格はない』といった抗議の電話やメールが殺到しました」

 市長の退職金は4年の満額で2830万円。任期まで働いて3割減額されると1981万円だが、2月20日で辞めてしまえば2718万円。ナント737万円も“お得”というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る