セゾン投信・中野晴啓社長<1>個人で買った株が暴落し大損

公開日:

 2007年に営業開始した「セゾン投信」は、銀行や証券会社を通さずに投信を直接販売する投資信託会社だ。直販の投資信託会社は、日本では数少ない。一般生活者の資産形成を手伝うことを使命に掲げ、毎月コツコツ積み立てていく長期投資を推奨している。

 代表取締役社長の中野晴啓が社会に出たのは、バブル景気が始まった1987年だった。華やかな百貨店事業や文化事業で当時一世を風靡していたセゾングループのカリスマ経営者・堤清二に憧れ、金融部門を担うクレディセゾンに入社。たまたま、グループのファイナンスカンパニーのひとつに配属されたのが、資産運用ビジネスとの出合いだったという。

「なにしろ未曽有のカネ余りで、どの大企業も“財テク”に狂奔していた時代。大学を出たてで、いきなりグループの数千億円もの資金を動かすマネーゲームの世界に迷い込んでしまったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る