• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インバウンドと高齢化が追い風 トイレットペーパー快進撃

 訪日外国人と高齢者の増加を追い風に、トイレットペーパーが絶好調だ。

 日本製紙連合会によると2008年のリーマン・ショック以降、「紙・板紙の内需量」(紙全体)は右肩下がりが続く。そんな中、トイレットペーパーなどの衛生用紙は逆に08年以降、右肩上がり。衛生意識の高まりなどが要因というが、人口が減っているのに、ちょっと解せない。

「人口は減っている中、衛生用紙が増えている大きな要因は訪日外国人の増加です」(日本製紙連合会の紙・板紙部担当者)

 実際、訪日外国人とトイレットペーパーの販売額は連動して伸びている。経産省によると、トイレットペーパーの国内販売額は14年の約1500億円から年々増え、17年は約1700億円を超えた。一方、政府観光局によると、年間の訪日外国人数は12年から6年連続増え、17年は2800万人。18年も4月ですでに1000万人を超え、過去最高のペースだ。東京五輪の20年には4000万人に増やす計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

もっと見る