• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

銀座セカンドライフ 片桐実央社長<4>強み生かしてたどりついた起業支援

 なかなか事業内容を決められなかった片桐が、“シニアの起業支援”というキーワードにたどりついたのは、起業の3カ月前、SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威の4つの軸から評価する手法)に取り組んだおかげだった。

 強みは、人見知りをしない性格であるため、初対面の人とも事業の込み入った話ができること、おばあちゃんっ子であるため、シニアが好きであること。さらには、行政書士とファイナンシャルプランナーの資格を持っていることだ。

 外部環境を分析すると、平均寿命が延びたことで生涯現役を考えている人が増え、ニーズがあると感じた。

 起業支援なら、花王時代の経験が生かせるとも思った。

「花王で起業に関する仕事をしていたわけではないのですが、新商品を世に送り出す際の商品の表示や販売方法、宣伝の仕方などさまざまの部署からの法的な相談に乗っていたので、そういう面では共通するものがありますし、個別相談なら自分でもできる自信もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る