銀座セカンドライフ 片桐実央社長<4>強み生かしてたどりついた起業支援

公開日:

 なかなか事業内容を決められなかった片桐が、“シニアの起業支援”というキーワードにたどりついたのは、起業の3カ月前、SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威の4つの軸から評価する手法)に取り組んだおかげだった。

 強みは、人見知りをしない性格であるため、初対面の人とも事業の込み入った話ができること、おばあちゃんっ子であるため、シニアが好きであること。さらには、行政書士とファイナンシャルプランナーの資格を持っていることだ。

 外部環境を分析すると、平均寿命が延びたことで生涯現役を考えている人が増え、ニーズがあると感じた。

 起業支援なら、花王時代の経験が生かせるとも思った。

「花王で起業に関する仕事をしていたわけではないのですが、新商品を世に送り出す際の商品の表示や販売方法、宣伝の仕方などさまざまの部署からの法的な相談に乗っていたので、そういう面では共通するものがありますし、個別相談なら自分でもできる自信もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る