米中首脳会談へ トランプが習主席からの親書を受け取る

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は31日、中国の習近平国家主席からの親書を受け取り、両国が首脳会談を開催するとの見通しを示した。

 ホワイトハウスで記者団に語ったもので、親書は同日会談した中国の劉鶴副首相を通じて伝達された。

 31日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、首脳会談の提案は中国からなされた。3月1日を期限とする対米貿易協議の決着に向け、今月下旬に予定される米朝首脳会談の後に中国・海南省で開くことを希望しているという。

■米朝会談は5日に開催地、日程発表

 一方、2回目の米朝首脳会談の開催地と日程について、トランプ大統領は「おそらく一般教書演説で発表することになる」と語った。今後1年の施政方針を国民に示す一般教書演説は5日に行われる。ポンペオ国務長官はアジアで今月末に開催すると明らかにしており、ベトナムが有力視されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る