中国“抜かずの宝刀”米国債大量売りで日本株に大暴落リスク

公開日: 更新日:

 米景気をもっと好転させたいトランプは、FRB(米連邦準備制度理事会)に利下げ圧力を繰り返してきた。14日も、「FRBが対抗策(利下げ)を取れば、試合終了で、我々の勝ちだ!」とツイートしている。

 もし、中国が米国債を大量に売り、利下げどころか、利上げが進行すれば、トランプは激怒し、米中貿易戦争が一層エスカレートするのは間違いない。加えて、トランプは、金利上昇を抑えるため、中国が売った穴埋めに米国債の買い手を早急に探すはずだ。

「シンゾー、米国債を大量に買ってくれ」――。そんな展開も大いにあり得る。

「日本政府や日銀には大義がなく、米国債を購入するわけにはいきません。ただ、安倍首相がトランプ大統領に対して『引き受ける』と約束すれば、政府系金融機関やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、ゆうちょ銀行などが、政府からの指示がなくても、“あうんの呼吸”で米国債購入に応じる可能性はあります。そうすると本来、自由に取引されるべき市場が、外圧で歪められかねない。というのも、米国債の引き受け手は、米国債を購入するために、株式や債券を売却して資金を作るわけですが、売られた市場には大きな穴があく。もし、短期間に20兆円を超えるような米国債の買いがあると、例えば、株式市場が暴落するなどショック発生のリスクが高まるのです」(小林佳樹氏)

 米中貿易戦争の尻ぬぐいは日本に回ってくるということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る