期限迫る弁当値引き コンビニが食品ロス解消に本腰の理由

公開日: 更新日:

 食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が国際的に問題視されている。その是正を目指す「食品ロス削減推進法案」が今国会で成立する見通しとなり、コンビニ大手が対策に本腰を入れ始めた。

 セブン―イレブンを運営するセブン―イレブン・ジャパンは今秋から、全国の加盟店を含む約2万店で、販売期限の迫った弁当やおにぎりなどを購入した客に電子マネー「nanaco(ナナコ)」でのポイント還元を検討。「昨年末から今年初めに直営店20店舗で行ったポイント還元の実証実験の効果を踏まえ、準備を進めている」(セブン―イレブン広報センター)という。

 環境省によると、2016年の食品ロスは643万トン。セブン―イレブンは年間の食品廃棄量を算出していないが、全国に1万4671店舗を展開するローソンは、「計測可能な2500店から算出したところ、17年4月から18年3月末までの廃棄量は4・4万トンでした」(ローソン広報室)という。主要コンビニ4社(セブン―イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ)の店舗数が約5万4000店。ローソンの廃棄量を参考にすると単純計算で、主要4社の食品ロスは年間100万トン近くに上ることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る