浜矩子
著者のコラム一覧
浜矩子同志社大学教授

1952年、東京生まれ。一橋大経済学部卒業後、三菱総研に入社し英国駐在員事務所長、主席研究員を経て、2002年から現職。「2015年日本経済景気大失速の年になる!」(東洋経済新報社、共著)、「国民なき経済成長」(角川新書)など著書多数。

【寄稿】世界は「剣呑」な雰囲気になってきた

公開日: 更新日:

「通商」「通貨」で1930年代を思わせる動き

 グローバル経済はいよいよ“秋の陣”に突入です。米国は今月1日、中国製品に対する制裁関税「第4弾」を発動しました。段階的な引き上げの結果、米国の対中関税は20%を超え、米国の関税水準が激烈な高さだった1930年代並みにまでなってしまった。第2次世界大戦に向かう“戦間期”と似た状況になってきたわけです。心ある人はみな、忍び寄る1930年代の影に危機感を抱いてきていましたが、具体的な事象が明らかになり、怖さの次元がワンランクアップしたように思います。

「通商」だけでなく、「通貨」の面でも1930年代を思わせる動きが出てきています。米国が為替戦争を仕掛ける宣言をしていることです。米国は今や落ちぶれた基軸通貨国ではありますが、それでもドルは現在も国際決済に使われています。そんな国が開き直って、通貨安政策を前面に打ち出してきたのです。

「強いドルは米国の国益にかなう」というのが米国のオフィシャルなポジションであり、これまでは一度もその姿勢を崩さなかった。ところが、トランプ政権は「ドル高なんて嫌だ」と為替介入してでも「ドル安」にすると公言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る