中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

米中貿易戦争激化の余波で…日本がアメ車を買わされる日

公開日: 更新日:

 米国の第10代大統領ジョン・タイラーは、1845年にテキサス(元メキシコ領)を併合、第11代大統領ジェームズ・K・ポークはメキシコからカリフォルニアなど6州を割譲、第17代大統領アンドリュー・ジョンソンは、1867年にロシアからアラスカを720万ドルで買収、第25代大統領ウィリアム・マッキンリーは、1898年に米西戦争でスペインに勝利し、グアム、プエルトリコ、フィリピンの領有権を獲得。領土拡大のDNAが米国にはある。

 トランプ大統領は8月中旬、デンマーク領グリーンランドについて「戦略的に興味深い」と述べ、購入構想を認めた。クドロー国家経済会議(NEC)委員長も、グリーンランドは「戦略的位置にあり貴重なレアアースも豊富だ」「不動産取引に詳しい大統領が(検討を)望んでいる」と述べた。

 今年1月、米学術誌が「グリーンランドの氷がこれまでよりはるかに速いスピードで解けている」との論文を掲載。氷河解凍なら地下資源の採掘が容易になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る