不気味な円安進行と連動 実は戦争リスクで有事のドル買い

公開日: 更新日:

 円安傾向がジワリと浸透している。ドル円相場は10月上旬に1ドル=106円台だったが、先週は一時109円台半ばまで円安は進行した。

「株価にはプラス材料といえますが、どうも不気味な感じがして仕方ありません。円安というより、ドル高といったほうがいいでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 米FRB(連邦準備制度理事会)は10月下旬に、政策金利を0・25%引き下げた。

 金利差縮小は円買い(円高)につながる材料なのに、反対の円安へ振れている。

「確かに為替相場にとって金利差は重要な要素です。ただ、ここ最近の動きを見ていると、別のテーマが見え隠れしているように思えます。ひと言でいえば『有事のドル買い』です」(金融関係者)

 武力衝突が連想されるようなニュースが流れると、かつてはドルが猛烈に買われた。だが、ここ数年は「有事の円買い」も加わるようになり、中東や北朝鮮などで軍事衝突が連想される場合は、円高傾向が出現していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る