ふらここ 原英洋社長<2>従来のひな人形の顔では売れない

公開日: 更新日:
ふらここ・原英洋社長(C)日刊ゲンダイ

 原が作家の夢を諦め、創業100年以上続く人形師の実家を継ぐと決意した頃、ひな人形はまだ「売れる」時代だった。それから10年、15年と年月が経つ中で、原は少しずつ人形業界の将来に不安を抱くようになっていた。そんな時、原は1本の電話を受け取った。

「電…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る