溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

公開日: 更新日:

 織田絆誠組長率いる絆會(旧・任侠山口組)が解散するようだ。この10日にも発表か、といった噂さえ流れた。解散がどのような中身を持っているのか(例えば解散により、これまでのメンバーはバラバラになるのか、など)不明だが、いずれにしろ7月中には解散の記者発表があるとみられる。

 また山健組に分裂の噂が流れている。山健組はご承知のように神戸山口組(井上邦雄組長)の中核団体だが、この噂とは別に神戸山口組自体が分裂するという噂まで飛び交っている。

 いずれもどこまで真相をうがった噂か不明だが、神戸山口組では、副組長を務める入江禎率いる2代目宅見組、最高顧問の池田孝志が組長の池田組(岡山市)を中心に、いよいよ離脱するという噂に対しては、否定的な向きが多い。

 いくら井上邦雄組長の組運営に不満でも、もう離れる時機を失して、このまま組が消滅するまでつき合うしかないと腹を決めている、だから今さらジタバタしない、というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る