溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

公開日: 更新日:

 6代目山口組系秋良連合会の傘下組員・早崎美浩容疑者(55)が昨年9月、大阪府堺市の交差点で当時9歳の男児を車ではね、肝臓損傷、右足骨折の重傷を与えながら、そのまま逃亡し、このほど大阪府警堺署に逮捕された。

 早崎は当時、車の免許が失効した状態で、しかも乗っていたのはナンバープレートを付け替えた車だったため逃げたと供述、ひき逃げを認めている。が、そのときシャブをきめていたため、覚醒剤乱用の発覚を恐れて逃げたという噂もある。

 いずれにしろ、早崎はなんの罪もない男児を事故に巻き込んだ上、責任逃れでひき逃げした。重罪である。

 関西在住の組幹部が言う。

「警察がしばしばイヤキチ(嫌がらせ)で無関係の組員を逮捕するのは事実です。だけど、今回の場合は早崎がひき逃げを認めている。であるなら、起訴を待たず、6代目山口組なり、その下の秋良連合会なりが早崎と早崎の所属する組に対し、処分を下して当たり前です。自ら襟を正し、世間さまにかけたご迷惑をおわびする。社会に対し恭順の意を示す。分裂前の山口組でも、この程度のことはやっていた。しかし、今はやらない。知らんぷりです。なぜやらないか不思議です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

もっと見る