日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ五輪 もう一つの見どころは韓国との金メダル数争い

 66日後に迫ったソチではどっちが勝つか。
 韓国の金載烈選手団長は来年2月のソチ五輪で「金メダル4個以上を獲得する」と宣言している。

 06年のトリノ大会で韓国は、ショートトラックとスピードスケートだけで合計6個の金をとった。
 前回のバンクーバー大会でも、女子フィギュアのキム・ヨナをはじめ、6個の金を持ち帰った。

 今回もカーリング、スキー、スケート、ボブスレー、バイアスロン、リュージュ、スケルトン6競技に絞って参戦。目標の4個以上の金を狙う。

 日本はトリノの金は女子フィギュアの荒川静香だけ。バンクーバーはゼロだ。
 昨夏のロンドン五輪では、金7、銀14、銅17。史上最多のメダル数に沸いた日本。一方の韓国はメダル数は28でも金は13で日本を上回った。

 ちなみに、日本がソチで金が狙えるのは男女のフィギュアに女子ジャンプの高梨沙羅ぐらいだが、韓国との金メダル数の争いもおもしろそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事