ソチ五輪 もう一つの見どころは韓国との金メダル数争い

公開日:  更新日:

 66日後に迫ったソチではどっちが勝つか。
 韓国の金載烈選手団長は来年2月のソチ五輪で「金メダル4個以上を獲得する」と宣言している。

 06年のトリノ大会で韓国は、ショートトラックとスピードスケートだけで合計6個の金をとった。
 前回のバンクーバー大会でも、女子フィギュアのキム・ヨナをはじめ、6個の金を持ち帰った。

 今回もカーリング、スキー、スケート、ボブスレー、バイアスロン、リュージュ、スケルトン6競技に絞って参戦。目標の4個以上の金を狙う。

 日本はトリノの金は女子フィギュアの荒川静香だけ。バンクーバーはゼロだ。
 昨夏のロンドン五輪では、金7、銀14、銅17。史上最多のメダル数に沸いた日本。一方の韓国はメダル数は28でも金は13で日本を上回った。

 ちなみに、日本がソチで金が狙えるのは男女のフィギュアに女子ジャンプの高梨沙羅ぐらいだが、韓国との金メダル数の争いもおもしろそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る