ソチ五輪 もう一つの見どころは韓国との金メダル数争い

公開日: 更新日:

 66日後に迫ったソチではどっちが勝つか。
 韓国の金載烈選手団長は来年2月のソチ五輪で「金メダル4個以上を獲得する」と宣言している。

 06年のトリノ大会で韓国は、ショートトラックとスピードスケートだけで合計6個の金をとった。
 前回のバンクーバー大会でも、女子フィギュアのキム・ヨナをはじめ、6個の金を持ち帰った。

 今回もカーリング、スキー、スケート、ボブスレー、バイアスロン、リュージュ、スケルトン6競技に絞って参戦。目標の4個以上の金を狙う。

 日本はトリノの金は女子フィギュアの荒川静香だけ。バンクーバーはゼロだ。
 昨夏のロンドン五輪では、金7、銀14、銅17。史上最多のメダル数に沸いた日本。一方の韓国はメダル数は28でも金は13で日本を上回った。

 ちなみに、日本がソチで金が狙えるのは男女のフィギュアに女子ジャンプの高梨沙羅ぐらいだが、韓国との金メダル数の争いもおもしろそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る