“アルペン女王”ボン 五輪連覇で手にする巨額ボーナス

公開日: 更新日:

 アルペンスキーの女王が復調をアピールした。
 右ひざ靭帯(じんたい)を断裂して今季のW杯参戦が遅れていたバンクーバー五輪金メダリストのリンゼイ・ボン(29=米国)が8日(日本時間9日)のW杯第3戦レイク・ルイーズ大会(カナダ)に出場し、3日目のスーパー大回転で5位入賞。2日目までの滑降(40位、11位)から大きく順位を上げた。

 1分22秒86で優勝したララ・ゲート(スイス)とは0秒85差の1分23秒71の好タイムをマークしただけに「トップレベルの滑りに近づいてきた。(W杯での)優勝は時間の問題」と手応えを口にした。

 今年1月の練習中に転倒して右ひざを負傷した際には、ソチ五輪への出場が危ぶまれた。今後は欧州でのW杯を転戦する予定だそうで、海外のライバルを相手に実戦で調整し、来年2月の五輪本番に備えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る