日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“アルペン女王”ボン 五輪連覇で手にする巨額ボーナス

 アルペンスキーの女王が復調をアピールした。
 右ひざ靭帯(じんたい)を断裂して今季のW杯参戦が遅れていたバンクーバー五輪金メダリストのリンゼイ・ボン(29=米国)が8日(日本時間9日)のW杯第3戦レイク・ルイーズ大会(カナダ)に出場し、3日目のスーパー大回転で5位入賞。2日目までの滑降(40位、11位)から大きく順位を上げた。

 1分22秒86で優勝したララ・ゲート(スイス)とは0秒85差の1分23秒71の好タイムをマークしただけに「トップレベルの滑りに近づいてきた。(W杯での)優勝は時間の問題」と手応えを口にした。

 今年1月の練習中に転倒して右ひざを負傷した際には、ソチ五輪への出場が危ぶまれた。今後は欧州でのW杯を転戦する予定だそうで、海外のライバルを相手に実戦で調整し、来年2月の五輪本番に備えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事