ソチ、W杯熱狂を利用する安倍首相「日本は強い」のロジック

公開日:  更新日:

 2014年は「ニッポン」「ニッポン」の連呼が地響きするような年になりそうだ。

 2月にはソチ五輪、6月にはサッカー・ワールドカップ。東京五輪招致と相まって、国威発揚の年になるのだろう。それでなくても、首相の安倍は「スポーツに託して、自らの帰属する国家やアイデンティティーを確認する――それがストレートに表れる典型がサッカーのW杯だ」と明言している。

 恐らくスポーツイベントに合わせて、パフォーマンスを繰り広げる。新聞・TVもそれをあおる。かくて、「ニッポン」の連呼が響き渡り、渋谷の交差点にはハイタッチする人々があふれ、DJポリスが再び、注目されたりするのだろう。

「ネットのバカ」などの著書で知られる中川淳一郎氏はこれを「気色悪い」と感じるひとりだ。

「なぜ、この日だけ、見ず知らずの人々が交差点でハイタッチをしなければならないのか。そうしなければいけないような雰囲気が気色悪いし、そうしたムードを盛り上げるために大メディアは例によって『日本がいかに強いか』を強引にひねり出すわけですよ。コートジボワール戦はNHK、ギリシャ戦は日テレ系、コロンビア戦はテレ朝系が中継しますが、各局が自分の試合こそが決勝トーナメントへの最大のカギだと報じるのは見えている。偏向報道があふれることになるのが気持ち悪い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る