浅田真央の“最強参謀” ロシアでの絶大な存在感と影響力

公開日: 更新日:

「フィギュアスケートで金メダルを取るには戦略があるんです」

 ソチ五輪を直前に控え、こう断言するのは、あるスケート関係者だ。

 フィギュアの得点は技術点と構成点に分かれている。ジャッジ(審判)の目によって点数が異なるところが、この競技の採点がすっきりしない原因といわれている。

 ならば、そのジャッジに好印象を与えれば基礎点の加点は多くなるはずだ。前回の五輪で金メダルを取ったキム・ヨナはそれが「はまった」。

 キム陣営は2010年のバンクーバー五輪を見据えて、07年からサラエボとカルガリー五輪のフィギュアで銀メダルを取ったカナダ人のブライアン・オーサーに指導を直訴した。現在の羽生結弦のコーチだ。

 キムは練習拠点をカナダ・トロントに移し、振付師もカナダ人のデビッド・ウィルソンに代わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  5. 5

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る