「銀銅」の快挙も…人気底上げには遠い国内ハーフパイプ事情

公開日:  更新日:

 ソチ五輪日本初メダルには、「冬季五輪日本最年少メダリスト誕生」という“勲章”も付いた。スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢が「15歳74日」を迎えた現地時間11日、銀メダルを獲得したからである。

 また、18歳の平岡卓が3位をゲット。表彰台トップを逃したとはいえ、中学生と高校生が並みいる強豪を抑え、メダルダブル獲得の快挙を成し遂げた。

 決勝12人中10人目滑走の平岡は、1回目8位から2回目に92.25点を叩き出して2位。11人目の平野がミスなしでクリアして93.50点。2位に繰り上がった。あとは「絶対王者」と呼ばれる米国のホワイトだけ。世界最高峰大会Xゲームで強さを見せ付け、年収8億円の億万長者にして五輪3連覇を狙っていた。

 ところが、ホワイトは1回目で連続転倒。2回目も体勢を崩して90.25点止まり。本命がメダルを逃して4位に終わり、スノーボード関係者は「あの王者ホワイトが何度も転倒するなんて」と仰天だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る