日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「銀銅」の快挙も…人気底上げには遠い国内ハーフパイプ事情

 ソチ五輪日本初メダルには、「冬季五輪日本最年少メダリスト誕生」という“勲章”も付いた。スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢が「15歳74日」を迎えた現地時間11日、銀メダルを獲得したからである。

 また、18歳の平岡卓が3位をゲット。表彰台トップを逃したとはいえ、中学生と高校生が並みいる強豪を抑え、メダルダブル獲得の快挙を成し遂げた。

 決勝12人中10人目滑走の平岡は、1回目8位から2回目に92.25点を叩き出して2位。11人目の平野がミスなしでクリアして93.50点。2位に繰り上がった。あとは「絶対王者」と呼ばれる米国のホワイトだけ。世界最高峰大会Xゲームで強さを見せ付け、年収8億円の億万長者にして五輪3連覇を狙っていた。

 ところが、ホワイトは1回目で連続転倒。2回目も体勢を崩して90.25点止まり。本命がメダルを逃して4位に終わり、スノーボード関係者は「あの王者ホワイトが何度も転倒するなんて」と仰天だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事