米メディアいらいら…マー君が食らったパパラッチの“洗礼”

公開日: 更新日:

 パパラッチが「プライベートを尊重」してるとはとても思えないが、メディアは避ければ避けるほど牙をむく。どれだけ悪口を書かれようが、きちんと取材対応する方が結果として得策なのだ。

 田中は「松井秀喜さんのようになりたい」と言った。その松井はどの選手より上手にメディアやファンと良好な関係を築いていた。グラウンド外で余計なストレスを抱えないためにも、田中もメディアやファンとの付き合い方を考えるべきではないか。

 キャンプインを翌日に控えたこの日はバッテリーの集合日。田中は午前中に目、歯、採血、心電図などの身体検査を受けた後、同僚の中継ぎ・クレイボーン(26)と軽めのキャッチボール。屋外での練習は約10分で切り上げた。

 本球場と第3球場には新たなスポンサーとなった日本企業の広告が入るなど、注目度の高さを改めて感じさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る