• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スノボ竹内智香 「反骨」と「不屈」で勝ち取った銀メダル

「こんな有力選手がいたの?」と驚いている人も多いだろう。女子スノーボードパラレル大回転で、日本人女子初の銀メダルを手にした竹内智香(30=世界ランク2位)だ。

 竹内は06年トリノ五輪で9位に終わると、「欧州の選手と同じスタートラインに立ちたい」と、当時最強のスイス・ナショナルチームへ同行させてくれるよう直談判。断られても食らいつき、翌07年から同行を許された。

 当初は2カ月間の予定だったが、それから5年間にも及んだのは、練習の合間に語学学校に通ってドイツ語をマスターし、チームに残留させてもらうためにムードメーカーまで買って出たからだ。

「妥協を許さない負けず嫌いな性格で、スノーボードで勝つためにはどうすればいいかを常に考えている。かつて、日本で新聞に取り上げられた際、『智香』という名前を『智春』と誤植され、あだ名が『ともはる』になってしまったことや、大会で対戦相手が発表された時、欧州選手が竹内の名前を見て(楽勝と)喜んでいるシーンを見て、絶対に強くなってやると決心。単身で本場に乗り込んだのです」(スキー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る