日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スノボ竹内智香 「反骨」と「不屈」で勝ち取った銀メダル

「こんな有力選手がいたの?」と驚いている人も多いだろう。女子スノーボードパラレル大回転で、日本人女子初の銀メダルを手にした竹内智香(30=世界ランク2位)だ。

 竹内は06年トリノ五輪で9位に終わると、「欧州の選手と同じスタートラインに立ちたい」と、当時最強のスイス・ナショナルチームへ同行させてくれるよう直談判。断られても食らいつき、翌07年から同行を許された。

 当初は2カ月間の予定だったが、それから5年間にも及んだのは、練習の合間に語学学校に通ってドイツ語をマスターし、チームに残留させてもらうためにムードメーカーまで買って出たからだ。

「妥協を許さない負けず嫌いな性格で、スノーボードで勝つためにはどうすればいいかを常に考えている。かつて、日本で新聞に取り上げられた際、『智香』という名前を『智春』と誤植され、あだ名が『ともはる』になってしまったことや、大会で対戦相手が発表された時、欧州選手が竹内の名前を見て(楽勝と)喜んでいるシーンを見て、絶対に強くなってやると決心。単身で本場に乗り込んだのです」(スキー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事