膝と腰に“爆弾”抱え…残り6戦、葛西「W杯総合優勝」に望み

公開日: 更新日:

 葛西紀明は明るかった。フィンランド・ラハティで2日に行われたノルディックスキーW杯男子ジャンプ個人23戦で復帰、9位だった。葛西は2月26日のW杯個人21戦(スウェーデン・ファルン)の1本目の着地で右膝を負傷。精密検査を受けてラハティ入りしたのは1日。28日の22戦と翌日の団体戦はパスして、2日の試合に臨んだ。

 結果は1本目、ヒルサイズまで2メートルと迫る128メートル。だが、「右膝を痛めたファルンと似た感じに見えた。だましだましテレマークらしく見せた」(葛西)着地。結局、テレマークは入れられず飛型点が響いて8位。2本目は125メートル、着地も決めたが合計257.1点で9位だった。

 それでも葛西は前向きだ。3日早朝の自らのブログにこう書いている。「3本飛んできたよ! 膝痛くなかった。結果は9位だけどこの膝でシングル入りはたいしたもんだ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る