掛布DCも評価 巨人戦で大暴れの虎2年目・緒方凌介って誰?

公開日: 更新日:

 貧打に悩む阪神にイキのいい若手が出てきた。大卒2年目の外野手・緒方凌介(23)だ。10日の巨人戦で3安打1盗塁と大暴れし、開幕一軍をグッとたぐり寄せた。

 足と肩には定評があり、小柄な体格(176センチ、75キロ)ながらパンチ力も秘める。PL学園高を経て、東洋大4年時は主将を任された。同大の高橋監督が、大学の先輩である「桧山(昨季限りで阪神引退)以上の実力がある」と評価した逸材は4年時に挫折を経験した。

 5月、ケガをしていた右ひざ前十字靭帯が限界にきた。練習中、ブチッと靭帯が切れた。全治1年の重傷も、タフな精神力で痛みに耐え、春の公式戦に代打で出てヒットを打ったこともある。7月に靭帯を再建手術。その影響で多くの球団がドラフト指名を見送る中、阪神が6位指名した。

■「怖い1番打者になれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  2. 2

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  3. 3

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る