• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

掛布DCも評価 巨人戦で大暴れの虎2年目・緒方凌介って誰?

 貧打に悩む阪神にイキのいい若手が出てきた。大卒2年目の外野手・緒方凌介(23)だ。10日の巨人戦で3安打1盗塁と大暴れし、開幕一軍をグッとたぐり寄せた。

 足と肩には定評があり、小柄な体格(176センチ、75キロ)ながらパンチ力も秘める。PL学園高を経て、東洋大4年時は主将を任された。同大の高橋監督が、大学の先輩である「桧山(昨季限りで阪神引退)以上の実力がある」と評価した逸材は4年時に挫折を経験した。

 5月、ケガをしていた右ひざ前十字靭帯が限界にきた。練習中、ブチッと靭帯が切れた。全治1年の重傷も、タフな精神力で痛みに耐え、春の公式戦に代打で出てヒットを打ったこともある。7月に靭帯を再建手術。その影響で多くの球団がドラフト指名を見送る中、阪神が6位指名した。

■「怖い1番打者になれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る