日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「素はオトコ」の声も 女子プロゴルフ・一ノ瀬優希の“素顔”

 開幕戦予選落ちで翌週は優勝。プロ8年目の一ノ瀬優希(25)が、ツアー2勝目を手に入れた。

 この日、トップと2打差3位発進の一ノ瀬は2番でボギーが先行したが、その後はノーボギー。10番でチップインイーグルのツキもあり、15番でこの日4つ目のバーディーを決めて通算7アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に立ち、そのままホールアウト。打撃レンジで後続組のプレーを待った。最終18番バーディーの酒井美紀(22)に追いつかれて、プレーオフになっても笑顔だった。自身初のプレーオフは1ホール目に2.5メートルのバーディーパットを沈め、大きくガッツポーズを繰り返した。

「先週は先週、と思うようにしていた。今日はやることをやるだけと思ってプレーしました。(プレーオフは)1ホールで終わらせたいという気持ちが強かったので、入って良かった」(一ノ瀬)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事