日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ELリヨン戦に見たユベントスと低迷ミランとの「決定的な差」

 勝ち点81でセリエA堂々首位のユベントス。約半分の勝ち点42しか稼げず、10位に甘んじて来季EL出場圏内の5位も厳しいACミラン。イタリアを代表する名門チーム同士だが、リーグ戦の成績には大差がついた。

 一体全体、何がどう違うというのか? それは日本時間4日早朝キックオフの欧州リーグ準々決勝第1レグ、リヨン(フランス)─ユベントス戦でもハッキリしていた。

 ユベントスは3DF─1ボランチ─4MF─2FWの布陣。先発したキエッリーニ、ボヌッチのイタリア代表DFが鉄壁の守りを見せ、代表でもプレーメーカーとして活躍するMFピルロが1ボランチに入る。やはり代表組のMFマルキージオが中盤を引き締め、FWオスバルドが前線で精力的に動き回る。

 もっとも、ユベントスがACミランよりも選手層が厚く、それでリーグ戦首位キープというワケではない。イタリア在住サッカージャーナリストがこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事