ELリヨン戦に見たユベントスと低迷ミランとの「決定的な差」

公開日: 更新日:

 勝ち点81でセリエA堂々首位のユベントス。約半分の勝ち点42しか稼げず、10位に甘んじて来季EL出場圏内の5位も厳しいACミラン。イタリアを代表する名門チーム同士だが、リーグ戦の成績には大差がついた。

 一体全体、何がどう違うというのか? それは日本時間4日早朝キックオフの欧州リーグ準々決勝第1レグ、リヨン(フランス)─ユベントス戦でもハッキリしていた。

 ユベントスは3DF─1ボランチ─4MF─2FWの布陣。先発したキエッリーニ、ボヌッチのイタリア代表DFが鉄壁の守りを見せ、代表でもプレーメーカーとして活躍するMFピルロが1ボランチに入る。やはり代表組のMFマルキージオが中盤を引き締め、FWオスバルドが前線で精力的に動き回る。

 もっとも、ユベントスがACミランよりも選手層が厚く、それでリーグ戦首位キープというワケではない。イタリア在住サッカージャーナリストがこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る