のびのび野球で快勝? ナインを見守った闘将のユニホーム

公開日:  更新日:

 闘病中の指揮官に代わり、エースの完封劇を見届けたのは「物言わないユニホーム」だった。

 腰椎椎間板ヘルニアと国指定の難病、胸椎黄色靱帯骨化症で戦線離脱の楽天星野監督。26日の試合から佐藤投手コーチに監督代行を任せ、近日中にも手術を行うという。

 そんな指揮官不在となった28日の巨人戦、エースの則本が先発した。誰が置いたのか、ベンチで闘将のユニホームが見守る中、巨人打線をわずか3安打に抑える完封勝利。試合後は背番号「77」と共に笑顔を見せた。

 打線も六回までに巨人先発の大竹を打ち崩すなど、投打がかみ合った楽天。

 その場にはいなくとも、ユニホームを通して闘将のゲキが届いたのか――と言いたいところだが、ガミガミと口うるさい指揮官から解放されて、のびのび野球が出来たからというのが真相か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る