のびのび野球で快勝? ナインを見守った闘将のユニホーム

公開日:  更新日:

 闘病中の指揮官に代わり、エースの完封劇を見届けたのは「物言わないユニホーム」だった。

 腰椎椎間板ヘルニアと国指定の難病、胸椎黄色靱帯骨化症で戦線離脱の楽天星野監督。26日の試合から佐藤投手コーチに監督代行を任せ、近日中にも手術を行うという。

 そんな指揮官不在となった28日の巨人戦、エースの則本が先発した。誰が置いたのか、ベンチで闘将のユニホームが見守る中、巨人打線をわずか3安打に抑える完封勝利。試合後は背番号「77」と共に笑顔を見せた。

 打線も六回までに巨人先発の大竹を打ち崩すなど、投打がかみ合った楽天。

 その場にはいなくとも、ユニホームを通して闘将のゲキが届いたのか――と言いたいところだが、ガミガミと口うるさい指揮官から解放されて、のびのび野球が出来たからというのが真相か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る