• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(16)「VVV移籍で言動が変わった」

投稿日:  更新日:

 05年、星稜高を卒業した本田は、Jリーグの名古屋グランパスに入団した。その3年前。ガンバ大阪ジュニアユースからプロ予備軍のユース昇格を見送られた。「ルートを変えてプロに入る」と心に誓った本田が「失敗を成長に変える男」「有言実行を地で行く男」に生まれ変わったのである。

 本田は、名古屋入団時に「海外からのオファーがあればクラブは移籍を容認する」という契約を取り付けた。当初から「名古屋には3年しかいない」と公言。その通りになった。08年1月にオランダ1部のVVVフェンロに移籍したのだ。

 しかし、再び試練が襲った。半年後にチームが2部降格。「オレのサッカー人生に2部リーグなんて考えられへん」と屈辱感にさいなまれる日々。ここで本田は「あること」を深く認識した。

 どれだけピッチで好プレーを見せようが、何よりも数字を残さなければ評価されない。攻撃系の選手が欧州サッカー界でのし上がるには「ゴールを決めないと生き残れない」ということだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る