• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(16)「VVV移籍で言動が変わった」

 05年、星稜高を卒業した本田は、Jリーグの名古屋グランパスに入団した。その3年前。ガンバ大阪ジュニアユースからプロ予備軍のユース昇格を見送られた。「ルートを変えてプロに入る」と心に誓った本田が「失敗を成長に変える男」「有言実行を地で行く男」に生まれ変わったのである。

 本田は、名古屋入団時に「海外からのオファーがあればクラブは移籍を容認する」という契約を取り付けた。当初から「名古屋には3年しかいない」と公言。その通りになった。08年1月にオランダ1部のVVVフェンロに移籍したのだ。

 しかし、再び試練が襲った。半年後にチームが2部降格。「オレのサッカー人生に2部リーグなんて考えられへん」と屈辱感にさいなまれる日々。ここで本田は「あること」を深く認識した。

 どれだけピッチで好プレーを見せようが、何よりも数字を残さなければ評価されない。攻撃系の選手が欧州サッカー界でのし上がるには「ゴールを決めないと生き残れない」ということだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事