本人不調認めるもザックは信頼 日本は本田圭佑と“心中覚悟”

公開日: 更新日:

 ベースキャンプ地のサンパウロ州イトゥ市で日本代表は11日午後4時(日本時間12日午前4時)から練習を行った。 最初に練習グラウンドに姿を現したFW大迫勇也(24)、MF清武弘嗣(24)、DF酒井宏樹(24)の3人はウオーミングアップがてら、すぐにボール回しを始めた。

 続いてやって来たMF本田圭佑(27)は3人の輪の中に加わらず、一人でボールを左足先でチョン蹴りしながら、5メートルほどの距離をウオーキングで行ったり来たり。

 選手全員が集まり、数人ごとにグループでボールを回し始めた。本田は一人のまま。すると同じイタリア・セリエAでプレーするDF長友佑都(27)が近づいた。現地で取材中のサッカー・ジャーナリストの六川亨氏がこう言う。

「いつもマイペースの本田ならではですが、誰も近寄っていかない状況に気を使ってか、この日も長友の方から本田に歩み寄り、2人でパス交換を始めました。全体練習が始まり、ハーフコートで11対11人が手を使ってボールをつなぎ、シュートはヘディングに限定するという練習メニューで本田は他選手よりも運動量が少なく、一度もダッシュやジャンプをしなかった。ボールに触れた回数も5回ほどでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る