焼肉店経営の旭道山和泰 モンゴル横綱誕生の立役者だった

公開日:  更新日:

 それだけではなかった。

「甘やかしたツケが回ってきた。6人は親方のいうことも聞かなくなったんです。困り果てた親方はおまえが面倒を見ろ、と6人を自分に預けました」

 旭道山さんは日本の若者と分け隔てせず接した。稽古場では容赦なく転がし、日本の習慣、礼儀についても厳しく指導した。

「突然、教育方針が変わり、それまで親方がお客さん扱いしてくれてたことがわかり、大きなショックを受けたようです。おまけに、それまでただのデブだとバカにしてた兄弟子がものすごくタフで強い。とんでもないところに来てしまったと大慌てし、英語の都内地図でモンゴル大使館を探し当て、示し合わせて逃げ込んだんです」

 逃げずに残ったのは元幕下の旭天山だけ。その後、旭鷲山、旭天鵬が部屋に戻った。

「日本とモンゴルの国際問題にまで発展しかねない。大島部屋は非難の集中砲火を浴び、親方もいたたまれなかったと思います。だけど、めげずに3人を育てたからこそ、朝青龍や白鵬が続き、モンゴル人力士によるジャパニーズドリームが生まれたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る