2人で年70億円!? ロナウド&ネイマール驚異の副収入

公開日: 更新日:

 W杯コロンビア戦で負った腰椎骨折の大ケガも何のその。ブラジル代表FWネイマールの人気は衰えを見せず、行く先々でカネが付いて回る。

 先月下旬には、寝具メーカー「東京西川」のCMプロモーションで日本に単独初来日。その時のドキュメント映像を盛り込んだテレビCMも15日から流れ始めた。

 そういえば当代随一のイケメン選手、ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドも先月、CM契約を結んだ美容器メーカー「MTG」のイベント出演のために初単独来日。「日本の街並みは美しい」「スシが大好き」と愛想を振りまいた。

 この2人のスター選手の広告価値は、そんじょそこらのタレントでは到底太刀打ちできない。

「ネイマールは2010年、大手電化製品のパナソニックとの契約を皮切りに、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、銀行、ビール会社、携帯電話、エナジードリンク、炭酸飲料メーカーとCM契約を結び、契約金の総額は年間15億円。あとスパイクメーカー、衣料メーカーなどとの契約金、肖像権の版権収入を含めると、年間で20億円超の実入りがある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る