2人で年70億円!? ロナウド&ネイマール驚異の副収入

公開日: 更新日:

 W杯コロンビア戦で負った腰椎骨折の大ケガも何のその。ブラジル代表FWネイマールの人気は衰えを見せず、行く先々でカネが付いて回る。

 先月下旬には、寝具メーカー「東京西川」のCMプロモーションで日本に単独初来日。その時のドキュメント映像を盛り込んだテレビCMも15日から流れ始めた。

 そういえば当代随一のイケメン選手、ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドも先月、CM契約を結んだ美容器メーカー「MTG」のイベント出演のために初単独来日。「日本の街並みは美しい」「スシが大好き」と愛想を振りまいた。

 この2人のスター選手の広告価値は、そんじょそこらのタレントでは到底太刀打ちできない。

「ネイマールは2010年、大手電化製品のパナソニックとの契約を皮切りに、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、銀行、ビール会社、携帯電話、エナジードリンク、炭酸飲料メーカーとCM契約を結び、契約金の総額は年間15億円。あとスパイクメーカー、衣料メーカーなどとの契約金、肖像権の版権収入を含めると、年間で20億円超の実入りがある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る