2人で年70億円!? ロナウド&ネイマール驚異の副収入

公開日:  更新日:

 W杯コロンビア戦で負った腰椎骨折の大ケガも何のその。ブラジル代表FWネイマールの人気は衰えを見せず、行く先々でカネが付いて回る。

 先月下旬には、寝具メーカー「東京西川」のCMプロモーションで日本に単独初来日。その時のドキュメント映像を盛り込んだテレビCMも15日から流れ始めた。

 そういえば当代随一のイケメン選手、ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドも先月、CM契約を結んだ美容器メーカー「MTG」のイベント出演のために初単独来日。「日本の街並みは美しい」「スシが大好き」と愛想を振りまいた。

 この2人のスター選手の広告価値は、そんじょそこらのタレントでは到底太刀打ちできない。

「ネイマールは2010年、大手電化製品のパナソニックとの契約を皮切りに、自動車メーカーのフォルクスワーゲン、銀行、ビール会社、携帯電話、エナジードリンク、炭酸飲料メーカーとCM契約を結び、契約金の総額は年間15億円。あとスパイクメーカー、衣料メーカーなどとの契約金、肖像権の版権収入を含めると、年間で20億円超の実入りがある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る