菅野が腰違和感で緊急降板、登録抹消も…巨人はCSに暗雲

公開日: 更新日:

 巨人に緊急事態が発生した。最多勝を狙って昨2日のヤクルト戦に先発した菅野智之(24)が初回に腰を痛め、二回を投げ終えたところで降板したからだ。

 明らかにおかしかった。3点の援護をもらいながら、二回は直球が130キロ台に落ちた。大量に汗をかき、マウンド上で「ヤッベー」とつぶやく姿があった。二回2死一塁で川口投手総合コーチがマウンドへ向かい、状態を確認。防御率2.33はリーグトップということもあり、わずか38球で三回のマウンドには上がらず。四回終了時にはクラブハウスに引き揚げた。

 阪神メッセンジャーの13勝に1勝差。原監督は当初、5日の広島との最終戦に中2日でリリーフ登板させることも想定していたが、腰は右手中指の故障で二軍調整中だった8月終わりに痛めている。原監督は試合後、「ちょっと投げない方がいいだろうと。登録抹消? 順当ならばそう。自分からか、ベンチからストップ? どっちでも関係ないでしょう」と二軍で完治させる方針を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る