菅野が腰違和感で緊急降板、登録抹消も…巨人はCSに暗雲

公開日: 更新日:

 巨人に緊急事態が発生した。最多勝を狙って昨2日のヤクルト戦に先発した菅野智之(24)が初回に腰を痛め、二回を投げ終えたところで降板したからだ。

 明らかにおかしかった。3点の援護をもらいながら、二回は直球が130キロ台に落ちた。大量に汗をかき、マウンド上で「ヤッベー」とつぶやく姿があった。二回2死一塁で川口投手総合コーチがマウンドへ向かい、状態を確認。防御率2.33はリーグトップということもあり、わずか38球で三回のマウンドには上がらず。四回終了時にはクラブハウスに引き揚げた。

 阪神メッセンジャーの13勝に1勝差。原監督は当初、5日の広島との最終戦に中2日でリリーフ登板させることも想定していたが、腰は右手中指の故障で二軍調整中だった8月終わりに痛めている。原監督は試合後、「ちょっと投げない方がいいだろうと。登録抹消? 順当ならばそう。自分からか、ベンチからストップ? どっちでも関係ないでしょう」と二軍で完治させる方針を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  9. 8

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  10. 9

    還元率25%マイナポイントへの遠い道のり…記者が区役所へ

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る