ジ軍 日系4世イシカワが振り返る「過酷なマイナー生活」

公開日: 更新日:

 戦犯から一転、ヒーローになったのが、ジャイアンツのトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 16日(日本時間17日)のカージナルスとのナ・リーグ優勝決定戦第5戦、同点の九回1死一、二塁からサヨナラの3ラン。値千金の一発でチームを2年ぶりのワールドシリーズに導いた。三回の左翼守備では平凡な飛球にもかかわらず目測を誤って頭上を越され(記録は二塁打)、先制を許した。守備のミスをバットで取り返した。

 ワシントン州シアトル市出身の日系4世。今季はシーズン途中から定位置を獲得。今ポストシーズンでは10試合全てスタメン出場し、26打数7安打の打率2割6分9厘、1本塁打、チームトップの7打点をマークした。10年にはジャイアンツの世界一メンバーに名を連ねたものの、その後はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキース、パイレーツと4球団を渡り歩いた。移籍先ではメジャーに定着できず、マイナー暮らしが長かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る