ジ軍 日系4世イシカワが振り返る「過酷なマイナー生活」

公開日: 更新日:

 戦犯から一転、ヒーローになったのが、ジャイアンツのトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 16日(日本時間17日)のカージナルスとのナ・リーグ優勝決定戦第5戦、同点の九回1死一、二塁からサヨナラの3ラン。値千金の一発でチームを2年ぶりのワールドシリーズに導いた。三回の左翼守備では平凡な飛球にもかかわらず目測を誤って頭上を越され(記録は二塁打)、先制を許した。守備のミスをバットで取り返した。

 ワシントン州シアトル市出身の日系4世。今季はシーズン途中から定位置を獲得。今ポストシーズンでは10試合全てスタメン出場し、26打数7安打の打率2割6分9厘、1本塁打、チームトップの7打点をマークした。10年にはジャイアンツの世界一メンバーに名を連ねたものの、その後はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキース、パイレーツと4球団を渡り歩いた。移籍先ではメジャーに定着できず、マイナー暮らしが長かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る