ジ軍 日系4世イシカワが振り返る「過酷なマイナー生活」

公開日:  更新日:

 戦犯から一転、ヒーローになったのが、ジャイアンツのトラビス・イシカワ外野手(31)だ。

 16日(日本時間17日)のカージナルスとのナ・リーグ優勝決定戦第5戦、同点の九回1死一、二塁からサヨナラの3ラン。値千金の一発でチームを2年ぶりのワールドシリーズに導いた。三回の左翼守備では平凡な飛球にもかかわらず目測を誤って頭上を越され(記録は二塁打)、先制を許した。守備のミスをバットで取り返した。

 ワシントン州シアトル市出身の日系4世。今季はシーズン途中から定位置を獲得。今ポストシーズンでは10試合全てスタメン出場し、26打数7安打の打率2割6分9厘、1本塁打、チームトップの7打点をマークした。10年にはジャイアンツの世界一メンバーに名を連ねたものの、その後はブルワーズ、オリオールズ、ヤンキース、パイレーツと4球団を渡り歩いた。移籍先ではメジャーに定着できず、マイナー暮らしが長かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る