• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルトOB豪華「スリーショット」 現場復帰が早いのは誰?

 28日の試合前、ヤクルトの大物OBが打撃ケージ裏に集結した。古田敦也(49)、宮本慎也(43)、稲葉篤紀(42)の3氏である。古田、宮本の両氏は球場でよく顔を合わせているが、稲葉氏は今季限りで引退したばかり。評論家としてスーツ姿のスリーショットは初めてのことだった。

 全員が2000本安打を達成するなど実績は抜群で、優勝経験も豊富。今後の球界を担う重要人物たちであるが、放送局関係者はこう言う。

「古田さんは、あちこちの球団で次期監督候補として名前が出る。今年も楽天、ソフトバンク、DeNAの次期監督候補としてマスコミを騒がせた。でも、実際に声をかけた球団はなかった。ヤクルトで監督を経験したものの、最下位を経験するなど結果を残せず2年でユニホームを脱いだ。ヤクルトで失敗したイメージが強いのかもしれない。このままでは『万年監督候補』になりかねない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る