• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルトOB豪華「スリーショット」 現場復帰が早いのは誰?

 28日の試合前、ヤクルトの大物OBが打撃ケージ裏に集結した。古田敦也(49)、宮本慎也(43)、稲葉篤紀(42)の3氏である。古田、宮本の両氏は球場でよく顔を合わせているが、稲葉氏は今季限りで引退したばかり。評論家としてスーツ姿のスリーショットは初めてのことだった。

 全員が2000本安打を達成するなど実績は抜群で、優勝経験も豊富。今後の球界を担う重要人物たちであるが、放送局関係者はこう言う。

「古田さんは、あちこちの球団で次期監督候補として名前が出る。今年も楽天、ソフトバンク、DeNAの次期監督候補としてマスコミを騒がせた。でも、実際に声をかけた球団はなかった。ヤクルトで監督を経験したものの、最下位を経験するなど結果を残せず2年でユニホームを脱いだ。ヤクルトで失敗したイメージが強いのかもしれない。このままでは『万年監督候補』になりかねない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る