日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルトOB豪華「スリーショット」 現場復帰が早いのは誰?

 28日の試合前、ヤクルトの大物OBが打撃ケージ裏に集結した。古田敦也(49)、宮本慎也(43)、稲葉篤紀(42)の3氏である。古田、宮本の両氏は球場でよく顔を合わせているが、稲葉氏は今季限りで引退したばかり。評論家としてスーツ姿のスリーショットは初めてのことだった。

 全員が2000本安打を達成するなど実績は抜群で、優勝経験も豊富。今後の球界を担う重要人物たちであるが、放送局関係者はこう言う。

「古田さんは、あちこちの球団で次期監督候補として名前が出る。今年も楽天、ソフトバンク、DeNAの次期監督候補としてマスコミを騒がせた。でも、実際に声をかけた球団はなかった。ヤクルトで監督を経験したものの、最下位を経験するなど結果を残せず2年でユニホームを脱いだ。ヤクルトで失敗したイメージが強いのかもしれない。このままでは『万年監督候補』になりかねない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事