逸ノ城惨敗…ファンは望まずともまだまだ続く「白鵬時代」

公開日: 更新日:

 200キロの巨体がいとも簡単に転がされた。

 17日の大相撲九州場所9日目、注目の一番となった横綱白鵬(29)と新関脇の逸ノ城戦(21)。立ち合いで両者は右四つに組んだ。しかし、左上手が深かった逸ノ城は白鵬に上体を預ける形となってしまい、左の上手出し投げであえなく土。白鵬は1敗を保ち、逸ノ城はこれで4勝5敗だ。「立ち合いは全然ダメでした。当たった瞬間、横綱の方が(体が)下でした」

 と肩を落とした逸ノ城だが、ため息をつきたいのはファンも同じだ。

 新入幕の先場所は13勝2敗の好成績を挙げ、平幕から一気に関脇に昇進。多くの親方が「将来の横綱候補」と太鼓判を押し、ファンは逸ノ城に期待した。九州場所初日が17年ぶりに満員御礼になったのもその影響だ。

 それが横綱に完敗では、多くのファンは「まだまだ白鵬の時代が続く」と改めて確信しただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る