逸ノ城惨敗…ファンは望まずともまだまだ続く「白鵬時代」

公開日: 更新日:

 200キロの巨体がいとも簡単に転がされた。

 17日の大相撲九州場所9日目、注目の一番となった横綱白鵬(29)と新関脇の逸ノ城戦(21)。立ち合いで両者は右四つに組んだ。しかし、左上手が深かった逸ノ城は白鵬に上体を預ける形となってしまい、左の上手出し投げであえなく土。白鵬は1敗を保ち、逸ノ城はこれで4勝5敗だ。「立ち合いは全然ダメでした。当たった瞬間、横綱の方が(体が)下でした」

 と肩を落とした逸ノ城だが、ため息をつきたいのはファンも同じだ。

 新入幕の先場所は13勝2敗の好成績を挙げ、平幕から一気に関脇に昇進。多くの親方が「将来の横綱候補」と太鼓判を押し、ファンは逸ノ城に期待した。九州場所初日が17年ぶりに満員御礼になったのもその影響だ。

 それが横綱に完敗では、多くのファンは「まだまだ白鵬の時代が続く」と改めて確信しただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る