逸ノ城惨敗…ファンは望まずともまだまだ続く「白鵬時代」

公開日: 更新日:

 200キロの巨体がいとも簡単に転がされた。

 17日の大相撲九州場所9日目、注目の一番となった横綱白鵬(29)と新関脇の逸ノ城戦(21)。立ち合いで両者は右四つに組んだ。しかし、左上手が深かった逸ノ城は白鵬に上体を預ける形となってしまい、左の上手出し投げであえなく土。白鵬は1敗を保ち、逸ノ城はこれで4勝5敗だ。「立ち合いは全然ダメでした。当たった瞬間、横綱の方が(体が)下でした」

 と肩を落とした逸ノ城だが、ため息をつきたいのはファンも同じだ。

 新入幕の先場所は13勝2敗の好成績を挙げ、平幕から一気に関脇に昇進。多くの親方が「将来の横綱候補」と太鼓判を押し、ファンは逸ノ城に期待した。九州場所初日が17年ぶりに満員御礼になったのもその影響だ。

 それが横綱に完敗では、多くのファンは「まだまだ白鵬の時代が続く」と改めて確信しただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  6. 6

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  7. 7

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る