奪三振王初獲得で急加速する楽天・則本の「メジャー志向」

公開日: 更新日:

 7日のシーズン最終戦(対オリックス)に先発した楽天のエース右腕・則本昂大(23)。8回6安打1失点(10奪三振)で2年連続の15勝はならなかったものの、シーズン通算奪三振数を「204」に伸ばし、初タイトルを獲得した。

「入団当初とは違って間違いなく意識し始めています。最近は衛星中継なんかも見ているみたいですし、選手の名前もポンポン出てきますから」

 楽天のチーム関係者がこう言うように、プロ2年目ながら、早くもメジャー移籍を視野に入れ始めたというのだ。

 則本は13年に三重中京大(現在は閉校)からドラフト2位で入団。1年目から開幕投手を務め15勝(8敗)をマークしたとはいえ、今季がまだ2年目。いくら入札制度を利用するにしても、早すぎる。球団だって認めないはず。そもそも、楽天入団当初から本人はメジャーに興味を示していなかった。そんな右腕がここにきて急にメジャー移籍を意識し始めたのはやはり、「憧れの先輩」の存在が大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る