奪三振王初獲得で急加速する楽天・則本の「メジャー志向」

公開日: 更新日:

 7日のシーズン最終戦(対オリックス)に先発した楽天のエース右腕・則本昂大(23)。8回6安打1失点(10奪三振)で2年連続の15勝はならなかったものの、シーズン通算奪三振数を「204」に伸ばし、初タイトルを獲得した。

「入団当初とは違って間違いなく意識し始めています。最近は衛星中継なんかも見ているみたいですし、選手の名前もポンポン出てきますから」

 楽天のチーム関係者がこう言うように、プロ2年目ながら、早くもメジャー移籍を視野に入れ始めたというのだ。

 則本は13年に三重中京大(現在は閉校)からドラフト2位で入団。1年目から開幕投手を務め15勝(8敗)をマークしたとはいえ、今季がまだ2年目。いくら入札制度を利用するにしても、早すぎる。球団だって認めないはず。そもそも、楽天入団当初から本人はメジャーに興味を示していなかった。そんな右腕がここにきて急にメジャー移籍を意識し始めたのはやはり、「憧れの先輩」の存在が大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る