• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最悪退団も…「調停も覚悟」の中日・大島は強気いつまで?

「落合GMが言ったことはわからなくもない」

 パ球団の編成担当が中日の大島洋平(29)についてこう言った。

 今季、リーグ3位の186安打を放つも、年俸は1775万円増の7400万円の提示。これを不服として、2度の契約更改で保留。調停も辞さないとする大島の守備、走塁についてこの編成担当は、「落合GMが『守備範囲が狭くなった。俺なら今年の守備では使えない』と発言し、『大島は可哀想』との反応が多かった。ただ、大島にも課題はあるんです」とこう話す。

「大島の守備は打球判断がワンテンポずれることがある。センスがある選手は打者が打ったと同時に動けるもの。走塁でも同じことがいえる。大島は足が速いのに盗塁成功率がさほど高くないのは、そういうところが影響しているのかもしれない」

 大島は今季、ゴールデングラブ賞を獲得するも失策数は6。守備機会の差はあれ、同じ受賞者の丸(広島)が2で、大和(阪神)は3。他の外野手では長野(巨人)が3で福留(阪神)は0。守備率では大島を上回る。守備範囲の指標のひとつである刺殺数も、前年のリーグ最多の301(135試合)から今年は287(140試合)と減少した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る