初場所カド番 豪栄道を大関昇進させた相撲協会の“勇み足”

公開日: 更新日:

「だからやめときゃよかったのに…」

 角界ではそんな声すら聞かれる始末だ。

 7月場所後に大関昇進した豪栄道(28)。9月場所は8勝7敗と何とか勝ち越したものの、11月場所は5勝10敗。来年1月場所はいきなりカド番で迎えることになった。

 当初から豪栄道の昇進には疑問の声が上がっていた。直前の3場所で33勝以上が目安だが、豪栄道は12勝、8勝、12勝で32勝。それ以前に、普通は8勝しか挙げられなかった時点で大関どりは消滅するもの。親方衆も力士も記者も、角界の誰しもがそう思っていた。それが7月場所終盤になって突然、審判部が昇進話を蒸し返したのだ。

 相撲協会としては土俵の目玉になる日本人力士が欲しかった。遠藤は顔以外はパッとせず、稀勢の里の綱取りも絶望的。そこで豪栄道に白羽の矢を立てたのだろうが、皮肉なことに9月場所で「モンゴルの怪物」逸ノ城が幕内デビュー。角界はこのザンバラ髪の力士の話題で持ちきりとなり、「大関豪栄道」の影は今もなお薄いままだ。

 大関昇進におけるあしき手本として後世に残ることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る