錦織は油断禁物 ナダルは開幕戦初戦負けも全豪では侮れない

公開日: 更新日:

 テニスのツアー開幕戦、ブリスベン国際(オーストラリア)男子シングルス2回戦が7日に行われ、第2シードの錦織圭(25=世界ランク5位)はスティーブ・ジョンソン(25=同37位・米国)をストレートで下しベスト8に進出した。

 一方、カタール・エクソンモービル・オープンに出場していた、世界ランク3位のラファエル・ナダル(28=スペイン)は、34歳のドイツ選手相手にまさかの初戦敗退となった。

 ナダルは昨年11月に虫垂炎の手術を行った。練習不足の他に腰の状態も万全ではないようで、動きは鈍かった。試合後は、19日開幕の全豪欠場もほのめかしていた。

「仮にナダルが全豪に参戦したとしても、今の状態なら錦織の4大タイトル初Vの可能性も高まる」といった声も出てきたが、長期離脱といってもナダルを甘く見てはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る