日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織は油断禁物 ナダルは開幕戦初戦負けも全豪では侮れない

 テニスのツアー開幕戦、ブリスベン国際(オーストラリア)男子シングルス2回戦が7日に行われ、第2シードの錦織圭(25=世界ランク5位)はスティーブ・ジョンソン(25=同37位・米国)をストレートで下しベスト8に進出した。

 一方、カタール・エクソンモービル・オープンに出場していた、世界ランク3位のラファエル・ナダル(28=スペイン)は、34歳のドイツ選手相手にまさかの初戦敗退となった。

 ナダルは昨年11月に虫垂炎の手術を行った。練習不足の他に腰の状態も万全ではないようで、動きは鈍かった。試合後は、19日開幕の全豪欠場もほのめかしていた。

「仮にナダルが全豪に参戦したとしても、今の状態なら錦織の4大タイトル初Vの可能性も高まる」といった声も出てきたが、長期離脱といってもナダルを甘く見てはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事