すべて本人尊重 広島黒田はSB松坂以上の“超VIP待遇”

公開日: 更新日:

■単独行動にも応じる構え

 3月に予定されているオープン戦での登板予定も松坂が監督、コーチらと話し合いをしながら決めるのに対し、黒田は自身の体調、今後の体の仕上がり具合による「自己申告」。イニング数や球数も自由に決めていいのだとか。

 シーズンも同様で、すでに首脳陣は黒田の年齢や疲労を考慮して、開幕から1、2カ月間は「中6日」のローテーションを守らせる方針を打ち出している。畝投手コーチも「黒田にとっては久しぶりの日本。肩の回復力などを考えれば、登板間の調整をしやすいよう中6日で固定して回していくのがベスト」と明言しているだけに、「黒田中心ローテ」が組まれることになる。

 シーズン中の「移動」も本人から要望があれば、基本的には認められていない敵地での「日曜日デーゲーム直後の単独移動」にも応じる構えというから、もはやルールはないと言ってもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る