日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドルトは敵地でアウェーGも…香川はCLユーベ戦出番なし

 ドイツ国内リーグで18チーム中、12位に低迷しているドルトムント。調子の上向かない日本代表MF香川真司は、CL決勝トーナメント1回戦・敵地でのユベントス戦(日本時間25日早朝キックオフ)で存在感をアピールしたいところだったが、最後まで出番はなかった。

 試合自体はドルトムントのペース。しかし、前半を1-2で折り返したドルトムントのクロップ監督は、後半15分を過ぎると無理に攻めようとはせず、後半30分の3人目の交代選手も、守備面で力を発揮するMFブワシュチコフスキーだった。

「敵地でゴールを決めての1-2は悪くないスコア。来月18日の地元での第2レグで逆転の可能性は十分にある。それだけに守備に難点のある香川を出しづらかったのだろう。しかし、この日のユベントスはいまひとつのデキだったし、ドルトムントの背番号10・ムヒタリアンも、リーグ戦からの不調を引きずって見せ場なし。フレッシュな香川で勝負をかけるべきだった」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事