年6回開催の大相撲本場所 一体ダレが大儲けしているのか

公開日:  更新日:

 1年に6回行われる大相撲本場所。巡業と並んで相撲協会の事業収入の2本柱といわれている。相撲協会の決算報告では、最新の13年度で本場所の事業収入は約80億円。1場所5億円ともいわれるNHKの放映権料もこれに含まれる。

 しかし、相撲といえば、現金社会。給料や正規の収入以外にも、表には出ないカネが飛び交う世界だ。となれば、本場所もチケット代などとは別に儲けているやからがいるのではないか。

 ある元親方は「そういった話だと、地方場所部長だろうね」とこう言う。
「いわゆる、地方場所の営業、アピールをする親方のこと。理事職にある親方しか就任できず、3月の大阪場所、7月の名古屋場所、11月の九州場所と3人の地方場所部長がいる。広報部長や審判部長など他の部長職に比べて、ほとんど能力は必要とされない。相撲茶屋のない九州場所はチケットの営業が大変だけど、大阪、名古屋はそれも茶屋任せにできるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る