大量リードで守護神連投 DeNAは“空費”采配で「貯金1」

公開日: 更新日:

 これだから、「ベイスターズ最大の不安は中畑監督」なんていう声が出るのだろう。

 大量6点リードで迎えた昨1日の広島戦の最終回。山崎康(22)の登板を告げる場内アナウンスが流れると、スタンドのDeNAファンからはざわめきが起こった。前日の試合でプロ初セーブを挙げ、指揮官が改めてチームの守護神を任せると明言したこの新人右腕をセーブがつかない場面で連投のマウンドへ。

 しかも、横殴りの雨が降る悪コンディションだったから、4本の長短打を浴びて3点を失った“守護神”に、同情の声が集まるのも当然だった。

「点差が開いた場面での山崎の起用? 連投もそうだけど、こういうゲームはスキを見せるとやられる。勝ちゲームには全部投げるんだというくらいの気持ちでね」とは、試合後の中畑監督。それじゃあ、ただのリリーフ投手と一緒じゃないか。こんな無駄遣いをしていたら、本当のストッパーには育たない。相手にもナメられる。

「今年は作戦面のミスが少ない。内容としては素晴らしい勝ちパターンがつくれた」と自画自賛して会見を締めた中畑監督。

 そうとは思えないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  8. 8

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    ペスト大流行を生んだ巨大モンゴル帝国 盛衰のカギは銀だった

もっと見る