大量リードで守護神連投 DeNAは“空費”采配で「貯金1」

公開日: 更新日:

 これだから、「ベイスターズ最大の不安は中畑監督」なんていう声が出るのだろう。

 大量6点リードで迎えた昨1日の広島戦の最終回。山崎康(22)の登板を告げる場内アナウンスが流れると、スタンドのDeNAファンからはざわめきが起こった。前日の試合でプロ初セーブを挙げ、指揮官が改めてチームの守護神を任せると明言したこの新人右腕をセーブがつかない場面で連投のマウンドへ。

 しかも、横殴りの雨が降る悪コンディションだったから、4本の長短打を浴びて3点を失った“守護神”に、同情の声が集まるのも当然だった。

「点差が開いた場面での山崎の起用? 連投もそうだけど、こういうゲームはスキを見せるとやられる。勝ちゲームには全部投げるんだというくらいの気持ちでね」とは、試合後の中畑監督。それじゃあ、ただのリリーフ投手と一緒じゃないか。こんな無駄遣いをしていたら、本当のストッパーには育たない。相手にもナメられる。

「今年は作戦面のミスが少ない。内容としては素晴らしい勝ちパターンがつくれた」と自画自賛して会見を締めた中畑監督。

 そうとは思えないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る