大量リードで守護神連投 DeNAは“空費”采配で「貯金1」

公開日:  更新日:

 これだから、「ベイスターズ最大の不安は中畑監督」なんていう声が出るのだろう。

 大量6点リードで迎えた昨1日の広島戦の最終回。山崎康(22)の登板を告げる場内アナウンスが流れると、スタンドのDeNAファンからはざわめきが起こった。前日の試合でプロ初セーブを挙げ、指揮官が改めてチームの守護神を任せると明言したこの新人右腕をセーブがつかない場面で連投のマウンドへ。

 しかも、横殴りの雨が降る悪コンディションだったから、4本の長短打を浴びて3点を失った“守護神”に、同情の声が集まるのも当然だった。

「点差が開いた場面での山崎の起用? 連投もそうだけど、こういうゲームはスキを見せるとやられる。勝ちゲームには全部投げるんだというくらいの気持ちでね」とは、試合後の中畑監督。それじゃあ、ただのリリーフ投手と一緒じゃないか。こんな無駄遣いをしていたら、本当のストッパーには育たない。相手にもナメられる。

「今年は作戦面のミスが少ない。内容としては素晴らしい勝ちパターンがつくれた」と自画自賛して会見を締めた中畑監督。

 そうとは思えないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る