フィギュア国別対抗戦 協会が無良崇人に“熱視線”の理由

公開日: 更新日:

 16日から4日間の日程で行われる世界フィギュアスケートの国別対抗戦。男女シングル、ペア、アイスダンスで競う団体戦とはいえ、今大会のファンの注目は先月の世界選手権で連覇を逃した羽生結弦(20)や同選手権2位の宮原知子(17)、昨年の四大陸選手権優勝の村上佳菜子(20)だろう。

 ところが、協会関係者の多くは意外にも「別の選手」に注目を置いている。それが男子シングルの無良崇人(24)だ。

 無良は14年11月のGPカナダ大会で優勝、NHK杯も3位ながら、以後は表彰台に上がっていない。羽生に比べれば、格の違いは歴然だ。そんな選手がなぜ注目されているかといえば、今後の男子フィギュア界の「行方」がかかっているからだという。

 日本の男子フィギュアは現在、人気、実力共に羽生の「1強時代」。本来、羽生を追うべき立場だった町田樹(25)は昨年末に電撃引退した。羽生と人気を二分してきた小塚崇彦(26)も今月に入って大学院に復学、今夏限りの引退までほのめかした。仮に小塚が引退すれば、男子シングルは羽生と無良が当面、引っ張っていくしかない。そこで、関係者は無良の人気、実力をあらためて検証したいのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る