• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア国別対抗戦 協会が無良崇人に“熱視線”の理由

 16日から4日間の日程で行われる世界フィギュアスケートの国別対抗戦。男女シングル、ペア、アイスダンスで競う団体戦とはいえ、今大会のファンの注目は先月の世界選手権で連覇を逃した羽生結弦(20)や同選手権2位の宮原知子(17)、昨年の四大陸選手権優勝の村上佳菜子(20)だろう。

 ところが、協会関係者の多くは意外にも「別の選手」に注目を置いている。それが男子シングルの無良崇人(24)だ。

 無良は14年11月のGPカナダ大会で優勝、NHK杯も3位ながら、以後は表彰台に上がっていない。羽生に比べれば、格の違いは歴然だ。そんな選手がなぜ注目されているかといえば、今後の男子フィギュア界の「行方」がかかっているからだという。

 日本の男子フィギュアは現在、人気、実力共に羽生の「1強時代」。本来、羽生を追うべき立場だった町田樹(25)は昨年末に電撃引退した。羽生と人気を二分してきた小塚崇彦(26)も今月に入って大学院に復学、今夏限りの引退までほのめかした。仮に小塚が引退すれば、男子シングルは羽生と無良が当面、引っ張っていくしかない。そこで、関係者は無良の人気、実力をあらためて検証したいのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る