• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

放出報道で窮地…ミラン本田のクビをつなぐ名古屋の“援軍”

 日本時間26日のウディネーゼ戦は、ベンチウオーマーだったミランMF本田圭佑(28)。試合は1―2に終わり、ミランは勝ち点43の10位と中位に低迷。セリエAの4、5位に来季の欧州EL出場権が与えられるが、5位サンプドリアとの勝ち点7差を縮めるのは厳しく、もちろんクラブ幹部、熱狂的サポーターは怒り心頭。

 その矛先はダメ外国人助っ人に向けられている。

 本田は左足首痛で2試合を欠場した後、ベンチ入りしながら前々節インテル戦、ウディネーゼ戦とお呼びが掛からず、4試合連続出番なし。現地メディアは「ホンダを評価しているインザーギ監督は今季後に解任。ホンダも一緒にいなくなる」と書き立て、日本の一部マスコミも「今夏にも放出」と報じている。

「いや、本田の首は当分は安泰では」とサッカー関係者が続ける。

「ミランは今季後にアジアツアーを計画中。日本では、本田が所属していたJ1名古屋と豊田スタジアムで対戦する方向で話が進んでいる。本田は08年にオランダに移籍してから、ただの一度も所属クラブの一員として日本でプレーしたことがない。それだけにミランの赤黒ユニホーム姿の本田が、凱旋帰国してプレーすれば大きな話題になる。ミランは、アジアツアーで来季用の新デザインのユニホームを着用するといわれている。それを本田が着てプレーすれば、売れ行きもグンとアップするでしょう」

 ミランは、本田加入で日本企業と10億円近いスポンサー契約を結んでいる。カネのなる木を早々には手放さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る