4試合連続弾も…ソフトB李大浩が抱える“不名誉”な課題

公開日:  更新日:

 打った瞬間にそれと分かる打球が、左中間最深部のホームランテラスに飛び込んだ。10日の楽天戦、四回1死一、二塁の好機に4試合連続本塁打となる10号3ランを放ったソフトバンクの李大浩(32)は、「打ったのはカットボール。チームの雰囲気がよく、集中して打席に入れたよ」と言って相好を崩した。

 この日は4打数3安打3打点。4試合連続弾は来日4年目で初となり、10号はリーグトップの日本ハム・中田に並んだ。打率.221と苦しんだ4月末までの絶不調がウソのように、5月はこれで打率.486。

 完全復調と言っていいが、本人が「野球をやっていて今の状態が最高です」と胸を張るほど、ベンチやナインからの信頼が回復していないのも事実だ。

「とにかく勝負弱いですからね。得点圏打率を見てくださいよ。きょうは打ったとはいえ、それでも.179でしょ。パの中軸打者としてはもちろんワースト。打率.300をマークした昨年も得点圏に限れば.244だった。打率3割、19本塁打で打点が68というんだから、いかにチャンスで打ってないか。だから工藤新監督も今季から4番を内川にして、李を5番に下げたわけですけど、ここぞというときに打ってくれないと、首脳陣も喜べないのが本音でしょう」(チーム関係者)

 前日までの得点圏打率は.139だった。金満球団にあっても李の年俸4億円は松坂、摂津に並ぶチーム最高額。当然のことながら、求められるものは小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る