• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4試合連続弾も…ソフトB李大浩が抱える“不名誉”な課題

 打った瞬間にそれと分かる打球が、左中間最深部のホームランテラスに飛び込んだ。10日の楽天戦、四回1死一、二塁の好機に4試合連続本塁打となる10号3ランを放ったソフトバンクの李大浩(32)は、「打ったのはカットボール。チームの雰囲気がよく、集中して打席に入れたよ」と言って相好を崩した。

 この日は4打数3安打3打点。4試合連続弾は来日4年目で初となり、10号はリーグトップの日本ハム・中田に並んだ。打率.221と苦しんだ4月末までの絶不調がウソのように、5月はこれで打率.486。

 完全復調と言っていいが、本人が「野球をやっていて今の状態が最高です」と胸を張るほど、ベンチやナインからの信頼が回復していないのも事実だ。

「とにかく勝負弱いですからね。得点圏打率を見てくださいよ。きょうは打ったとはいえ、それでも.179でしょ。パの中軸打者としてはもちろんワースト。打率.300をマークした昨年も得点圏に限れば.244だった。打率3割、19本塁打で打点が68というんだから、いかにチャンスで打ってないか。だから工藤新監督も今季から4番を内川にして、李を5番に下げたわけですけど、ここぞというときに打ってくれないと、首脳陣も喜べないのが本音でしょう」(チーム関係者)

 前日までの得点圏打率は.139だった。金満球団にあっても李の年俸4億円は松坂、摂津に並ぶチーム最高額。当然のことながら、求められるものは小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る