• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4試合連続弾も…ソフトB李大浩が抱える“不名誉”な課題

 打った瞬間にそれと分かる打球が、左中間最深部のホームランテラスに飛び込んだ。10日の楽天戦、四回1死一、二塁の好機に4試合連続本塁打となる10号3ランを放ったソフトバンクの李大浩(32)は、「打ったのはカットボール。チームの雰囲気がよく、集中して打席に入れたよ」と言って相好を崩した。

 この日は4打数3安打3打点。4試合連続弾は来日4年目で初となり、10号はリーグトップの日本ハム・中田に並んだ。打率.221と苦しんだ4月末までの絶不調がウソのように、5月はこれで打率.486。

 完全復調と言っていいが、本人が「野球をやっていて今の状態が最高です」と胸を張るほど、ベンチやナインからの信頼が回復していないのも事実だ。

「とにかく勝負弱いですからね。得点圏打率を見てくださいよ。きょうは打ったとはいえ、それでも.179でしょ。パの中軸打者としてはもちろんワースト。打率.300をマークした昨年も得点圏に限れば.244だった。打率3割、19本塁打で打点が68というんだから、いかにチャンスで打ってないか。だから工藤新監督も今季から4番を内川にして、李を5番に下げたわけですけど、ここぞというときに打ってくれないと、首脳陣も喜べないのが本音でしょう」(チーム関係者)

 前日までの得点圏打率は.139だった。金満球団にあっても李の年俸4億円は松坂、摂津に並ぶチーム最高額。当然のことながら、求められるものは小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る