4試合連続弾も…ソフトB李大浩が抱える“不名誉”な課題

公開日:  更新日:

 打った瞬間にそれと分かる打球が、左中間最深部のホームランテラスに飛び込んだ。10日の楽天戦、四回1死一、二塁の好機に4試合連続本塁打となる10号3ランを放ったソフトバンクの李大浩(32)は、「打ったのはカットボール。チームの雰囲気がよく、集中して打席に入れたよ」と言って相好を崩した。

 この日は4打数3安打3打点。4試合連続弾は来日4年目で初となり、10号はリーグトップの日本ハム・中田に並んだ。打率.221と苦しんだ4月末までの絶不調がウソのように、5月はこれで打率.486。

 完全復調と言っていいが、本人が「野球をやっていて今の状態が最高です」と胸を張るほど、ベンチやナインからの信頼が回復していないのも事実だ。

「とにかく勝負弱いですからね。得点圏打率を見てくださいよ。きょうは打ったとはいえ、それでも.179でしょ。パの中軸打者としてはもちろんワースト。打率.300をマークした昨年も得点圏に限れば.244だった。打率3割、19本塁打で打点が68というんだから、いかにチャンスで打ってないか。だから工藤新監督も今季から4番を内川にして、李を5番に下げたわけですけど、ここぞというときに打ってくれないと、首脳陣も喜べないのが本音でしょう」(チーム関係者)

 前日までの得点圏打率は.139だった。金満球団にあっても李の年俸4億円は松坂、摂津に並ぶチーム最高額。当然のことながら、求められるものは小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る