5月に入るや大当たり…西武メヒアが“冬眠”からお目覚め

公開日:  更新日:

 さながら冬眠から目覚めた熊、といったところか。

 12日の日本ハム戦で西武のメヒア(29)が4打数3安打、1本塁打、2打点の活躍。3点リードの八回に放った6号2ランは貴重なダメ押しとなった。

 昨季は4月末に途中入団。初出場の5月15日にいきなりホームランをかっとばすと、終わってみれば106試合で34本。同僚の中村と本塁打王のタイトルを分け合い、年俸も3600万円から5倍の1億8000万円にアップした。

 それだけに今季はどれだけ打つのかと期待されたものの、これが大誤算。キャンプでは8キロも太った姿で現れ、首脳陣を唖然とさせた。

 ある西武OBが言う。「途中入団でもタイトルを取れたものだから、完全に日本の野球をナメている。南米のベネズエラ出身で寒いのが苦手なのはわかるにしても、2月のキャンプではロクにバットも振らなかった。打撃練習中に『手が痛い!しびれる!』と言ってホテルに戻ったこともあった。首脳陣もそんなメヒアを『寒いうちは仕方ない』と甘やかしていた」

 4月まではわずか2本塁打、10打点。打率も2割を切っていた。それが暖かくなるや一発を量産。5月に入ってからは12日の試合まで10戦4本塁打、10打点の活躍だ。

 5月からの契約でもよかったんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る