日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相手棄権で16強進出 錦織「丸3日休養」で全仏初制覇に追い風

 運が向いてきたのは間違いない。

 男子テニスの全仏オープンに出場中の錦織圭(25)が、3回戦を直前に控えた28日、よもやの「不戦勝」でベスト16入りを決めた。

 錦織は29日の3回戦に出場する予定だったが、この日になって対戦相手のベッカー(33=ドイツ)が右肩負傷を理由に棄権を発表。おかげで2年ぶりとなる4回戦進出が決まった。

 この「1勝」、4大大会初制覇を狙う本人にとって、メリットは大きい。

 3回戦の相手になるはずだったベッカーは今大会、ノーシードながら2回戦で第32シードのベルダスコ(スペイン)にフルセットで勝利。その勢いのまま、錦織に挑むはずだった。

 ベッカーと錦織の対戦成績は2勝2敗の五分。拮抗している相手と、球足が遅く番狂わせの起きやすいクレーコートでの対決を避けられたのはデカい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事